あかいどうぶつ病院  

あかいどうぶつ病院  

あかいどうぶつ病院

外で傷ついた動物を見つけられた場合は - 1

2015.07.17

当院を含め、動物病院は「飼育動物」の治療を行います。「飼育動物」ですので個々に飼い主さんがいらっしゃって、治療の方向は飼い主さんとの相談の元に行われます。


今回はケガをした、もしくは何かしら状態の悪い「野生動物」を発見された場合の話です。

それが「野生鳥獣」であった場合、さきに述べた「飼育動物」ではないため、その取扱は「飼育動物」とは異なり、注意が必要です。「発見された方」はこの場合、「飼い主さん」にはなりえません。治療後もその子を飼育することはできません。

鳥取県の野生鳥獣救護に関して 

http://www.pref.tottori.lg.jp/209479.htm#itemid778986

「野生動物」の治療は県指定の救急病院等、があり、県からの委託を受けて治療を行うことになっております。当院はこの県指定の救急病院になっておりませんので、野生動物の治療を勝手に行うことができません。

治療が必要そうな「飼育動物」以外の動物を発見された場合は、それが「野生動物」に含まれるのかの確認を含め、まず県の担当課の方に連絡をお願いします。
鳥インフルエンザの可能性を考え、それが野鳥の場合は気軽に触れないように気を付けてください。

外で傷ついた動物を見つけられた場合は - 2

2015.07.17

ケガをした、もしくは何かしら状態の悪い「野性鳥獣以外の飼育動物になりうる動物」を「オーナーさんでない方が」発見された場合の話です。


例えば飼い主不在と思しき、なにかしら状態の悪い外ネコさんを発見された方がそのコの治療を依頼したい、といった場合です。

診察開始に当たって当院ではそのコを連れてこられた方が、そのコの実際の飼い主である、ない、に関わらず、今そのコの治療を希望されている方として、そのコの飼い主であるという認識で対応させていただき、重要な判断はその方に仰ぎながら、その方と伴に治療を進めさせていただきます。

治療をおこなわれる当事者であるワンちゃんなりネコちゃんは自らの治療に関する意思表示を当然自分で行うことができないですし、加えて治療を行う我々の側も治療の途中で生ずる重要な意思決定を飼い主さん不在の状態では行うことができない場合があります。

治療に関する意思表示、もしくは意思決定とは(現状が死という最終的なことに直結している、いないは別にして)、治療の程度、つまりどこまでやるか、いつまで継続するか、という判断を行うことを含みます。そのとき行っている治療を継続することは、例えばその子の性格により、もしくは飼い主さんの状況にとって必ずしも最善と言えないことがあるからです。

この様な状況で治療を必用とするコをつれて来院される方は、上述の内容に関して充分御理解のうえ来院下さい。

健康診断をしましょう - 1

2015.07.04

以前「血液検査について」の項目でも述べましたが、血液検査は特に年齢が6歳を超えたワンちゃん、ネコちゃんでおすすめしております。


ワンちゃん、ネコちゃんの年齢は以下のようにカウントします。
1.約1年半で20歳になります。
2.2年目以降は1年で4歳年をとります。
ですので、6歳は 20 + 4 x 5 = 40 で40歳となります。ヒトでも40を超えると市町村から健康診断をしましょう、というお知らせが来ますよね。

7歳以降のネコでは「慢性腎不全」がちらほらみられるようになります。お水をよく飲むようになる、おしっこの量が多い(多飲多尿)という状態がみられるようになったら、この病気を疑ってみる必要があります。

ちなみに「多飲多尿」は糖尿病、副腎、甲状腺といったホルモンの臓器の疾患、未避妊のメスでは子宮蓄膿症、などを代表とする多くの病気のサインです。

慢性腎不全ではその後の尿毒症、糖尿病ではケトアシドーシス、子宮蓄膿症では敗血症など、それぞれの病気で直接生命にかかわる末期の状態があります。これらに陥る前、できれば初期の段階で見つけて治療を始めることが重要なのです。

健康診断をしましょう - 2

2015.07.04

健康診断では、血液検査のみではなく、目、耳、歯、皮膚の状態などもチェックしましょう。

これらは必ずしも1セットではなく、もちろん耳のみ、歯のみ、爪切りのみ、といった感じで気軽に来院していただくのも無論大丈夫です。

今回は特に歯と肛門腺について。

1.歯の話
イヌ、ネコでは歯の問題は「虫歯」よりも「根腐れ」が多く、歯根だけでなくそれを支える頭の骨も解けます。進行すると「口鼻瘻」という鼻までぬける穴になって鼻出血を起すことがあったり、眼の下のあたりの皮膚に穴があき出血したり、顎の骨がもろくなったりします。歯垢が歯石の状態になると物理的に歯の付け根に歯垢が入り込みやすい隙間をつくります。ご自宅での歯のケアは歯垢までならできますが、歯石になってしまうと困難です。歯の根元の膿が鼻に入ったのち、鼻汁と共に誤嚥して肺に入ると細菌性の肺炎に移行する可能性があります。歯の根元の血管から細菌が入り込み、心臓の内膜に炎症を起こす可能性なども言われています。

2.肛門腺の話
肛門の両側に肛門腺という袋状の腺があります。スカンクのおしりからくさいのを出す類のものがイヌ、ネコにもあるという事です。通常はこの肛門腺の内容物は特異な臭気を放つスムーズな液体で、排便とともに分泌されます。しかしこの内容物が泥状になったり、チーズ状になったりすると内容物の排泄が困難となり、肛門腺がパンパンに腫れあがって肛門腺炎という状態に陥ったり、悪くすると肛門腺破裂ということがおきたりします。肛門腺内容の排泄が悪いコはよくおしりを気にするそぶりを見せたり、おしりを地面にこすりつけたりします。そのようなコは定期的に肛門腺を絞ってあげることが必要です。

健康診断をしましょう - 3

2015.07.04

10歳近くの特に小型犬で、1)外を散歩する子の場合、最近散歩の距離が短くなり、それ以上歩きたがらなくなった、2)安静にしているのに呼吸がおかしい時がある、3)特に夜から朝の時間にかけて咳をしていることがある、などのサインが見られる場合は、心臓のチェックをお勧めします。


胸部の聴診をおこなった際、心臓にそれまで聴こえなかった「雑音」が聴かれるようになったなら、心臓の弁の病気を疑ってみる必要があります。心臓の、特に左側の「血液を受ける部屋」と「血液を吐き出す部屋」の間の一方向性の弁が加齢性にぴったり閉まらなくなるため、そこを逆流する血液の音が「雑音」として聞こえているのかもしれません。追加検査としてレントゲンとエコー検査が必要です。レントゲンでは弁のしまりが悪くなり、効率よく血液を送ることのできなくなった結果として大きくなった心臓のサイズと形を評価します。エコーではしまりの悪くなった弁の様子、そこで起こる血液の逆流の様子、逆流により大きくなった「血液を受ける部屋」のサイズ、「血液を吐き出す部屋」の収縮の様子などを評価します。

診断が下ったのちに外科的治療ではなく内科的維持を選択する場合は、心臓の内服薬を開始することになります。この場合、まさに「維持」で、「肺水腫」であるとかのさらに進んだ、命に係わる状態になるべくすぐに陥らないように管理するのが目的です。

予防という意味では蛇足ですが、もう少し、

来院された時点で既に肺水腫という状態(犬座姿勢で、開口呼吸で、舌の色が青紫)から幸運にも戻せた場合、その危機的な状態を見ているためにその後の投薬に関しオーナーさんの理解も充分な場合が多いですが、まだそういう「次の状態」に陥っていないで診断が下った場合は、オーナーさんが少しの投薬で「治った」と誤解されるか、投薬はもういいや、と自己判断される場合があるか、と思います。しかし多くの場合このようなコに飲ませる薬の第一選択は血管を拡張させ、心臓にとって「楽な」状態を維持する類の薬になります。やはり機能の落ちた心臓にはこのお薬は「楽」なので、やめると薬を飲み始める前以上に心臓には辛い状況になる、と言われています。心臓の内科的維持のお薬は、外科的治療を行わない限り一度飲み始めたら一生飲み続けになりますし、その量と種類は長期の治療で徐々に増加する場合が多いです。

当院の「急患対応」と「夜間診察」に関して

2015.07.03

診察時間外に、緊急を要する症状で予約なしで電話連絡いただいた後に診察するのは「急患対応」です。

当院では「急患対応」とは別に、木曜の休診日と午後休診の日曜、祝日を除いた、平日(土曜日を含む)の21:00~23:00の間の時間帯で「夜間診察」を受け付けております。これは前日までに御予約をいただいて診させていただくものです。

「夜間診察」は狂犬病予防接種、混合ワクチンなどや爪切り、肛門嚢しぼり、耳処置などの通常のケア、そして緊急性はないのだけれどみてほしい症状など、日中の通常診察で診るような内容をみさせていただくものです。

お仕事の都合で平日の診療時間に来院いただけない方は土曜終日と日曜の午前中も通常診察を行っておりますが、週末も含め日中の都合がつかないなどの場合に「夜間診察」をご活用ください。


避妊に関して

2015.07.01

避妊というと、元気な子なのになんで手術しなければならないの?かわいそう!という意見を聞きます。


避妊は単に今飼われているコの子供をとる、とらない、といったことのみではなく、今飼われているコ自身の将来にかかわります。

子宮の病気、たとえばイヌ(非常まれにネコ)の子宮蓄膿症は子宮に膿がたまり敗血症で亡くなる病気です。基本的に緊急手術となりますが、その時高齢になっており心臓や腎臓等に問題があれば、一か八かの手術となります。性周期に関連した病気なので、避妊手術で予防できます(未避妊のワンちゃんは死ぬまで性周期が持続します)。

ウサギに多い子宮の腺種は肺に転移しやすく転移すると呼吸困難になりますが、ウサギは呼吸が苦しいことを表にあらわさないので呼吸困難が表面上明らかな時にはかなり進んでおり、病院に連れて行くためキャリーに入れる、病院で診察する、といったストレスでも簡単に亡くなる可能性があります。予防としてウサギでは卵巣摘出のみではなく子宮摘出を含む避妊手術が必要です。

乳腺腫瘍は殊にネコで悪性のガンであることが多いですが、悪性の乳腺ガンの悪いところはウサギの子宮腺癌同様に他の臓器、殊に肺に転移しやすいことです。乳腺腫瘍は最初の発情(5~6か月齢ごろ)の前までに避妊手術をすれば、100%と言えないまでも非常に高い確率で乳腺腫瘍の発生を抑える、といわれています。

避妊は健康な状態を後まで維持するための手術なのです。そして手術は、殊に全身麻酔が必要であれば、一般的に若くて健康であれば安全に行うことが出来ます。当院ではイヌ、ネコの場合6~7か月以降から遅くても5~6才までの避妊をお勧めしています。

去勢に関して

2015.07.01

男の子の去勢は、特に家ネコちゃんでは年頃になるといろんなところにおしっこをすることを止めるため、という意味があります(注;この習慣が既についてしまったコに去勢手術を行っても、この習慣をなくすことができないかもしれません)。


高齢な未去勢のワンちゃんで起こる会陰ヘルニアはおしりの筋肉が薄くなり、筋肉同士の合わせ目から腸管や前立腺、膀胱などが皮膚の下に飛び出して、場合により尿やうんちが出にくくなる病気です。必然的に高齢での手術になり危険度が増し、術式により術後も再発しやすく、腸管の変位が伴えば比較的困難な手術となり合併症も生じやすいですが、去勢手術がこの病気の予防となります。前立腺肥大、前立腺嚢胞などの前立腺の疾患も治療の一環として去勢が勧められます。未去勢犬で肛門周囲腺腫瘍が生じやすいこともあります。

精巣は生後しばらくしておなかの中からおまたの部分にでてきます。この様にして精巣が体温より低い温度で維持されることには意味があります。たまに片側の精巣がおなかの中に残ってしまっている(停留精巣)コがいますが、このような精巣は高齢になると腫瘍ができやすいのです。腫瘍の種類によっては大量にホルモンが放出されるようになり、血球の生産を止め、貧血になったり種々の感染症にかかりやすくなることがあります。通常去勢手術は開腹しませんが、このような場合には若いうちに停留精巣の摘出手術が強く望まれます。

フィラリア予防について

2015.05.15

フィラリア感染症は以前はワンちゃんの死因第1位の病気でした。


急性の症状はフィラリアの虫のために右の心臓の中の血流障害や弁の閉鎖不全がなどが起こり、急な症状の悪化がみられていきなり倒れることもあります。慢性症状では肺動脈の中にフィラリアの虫をためてしまい、肺の血管が狭くなったりつまったりする状態から肺血管の血圧が上昇し、心臓の機能が低下します。お腹の中に大量の水をためる、痩せる、食べなくなる、等が特徴です。

鳥取県の西部地区では予防を適切に行わなかったワンちゃんでフィラリア感染が散見されます。

室内に飼っておられる方も蚊が室内に入ってくる状況であれば、また、たまにワンちゃんを屋外に連れ出すことがあれば、フィラリア感染の可能性は否定できません。

フィラリア症は、予防薬を使うことで確実に予防することのできる病気です。ですので、この病気に愛犬が罹患するか否かはオーナーさんの意識次第と言い切ってしまってもよいかもしれません。

当院ではフィラリアのみに効く錠剤(味付き)のタイプを用意しています。予防は原則として蚊が飛び始めてから1ヶ月後くらいに開始し、蚊が飛び終わって1ヶ月後まで続けます。ですので当院では5月末~6月初めあたりから11月末~12月初めまでをフィラリア予防の時期としております。1年間有効の注射の予防薬は、薬効成分が体内に残存しつづけることから獣医師の間でも使用の是非について意見が分かれるところです。当院ではこの注射のタイプの予防薬は取り扱っておりません。

シーズン終わりあたりの予防が不十分となり、感染してからフィラリア予防でない時期を向かえると、2月あたりに急性フィラリア症の症状を呈する場合があります。シーズン終わりあたりの予防もしっかり行いましょう。

なお、ネコでは現在のところシーズン中の積極的なフィラリア予防が一般的にはなっておりませんが、ネコのフィラリア症発症の報告は米子でもあります。ネコでは犬のようにフィラリアの多量寄生はおこらず、少量の虫が迷入した組織での症状を示すため、犬のように典型的な症状はありません。また少量寄生のため、検査で引っかけるのが難しいということもあります。フィラリアに加えノミ、耳ダニや腸内寄生虫もカバーするお薬がスポットタイプで存在しますので、特に外に自由に出る子であれば、この様なお薬を1ヶ月毎で使用するようにされるのがよいのではないでしょうか。

ノミダニ予防

2015.05.15

当院ではイヌ用、ネコ用ともにノミダニ予防薬は首筋につけるスポットタイプのものと、錠剤タイプのものの2種類を常時ご用意しています。


イヌにおいてフィラリア予防はノミダニ予防薬とは別のお薬をお勧めしていますが、ご要望頂ければこれらが一緒になったものも準備いたします(取り寄せになります)。
猫に於いてもフィラリア症が問題になりえますが、特にお外に頻繁に出る猫さんはノミダニを止めるのと共にフィラリアを止めるものを使用されると良いでしょう。

重症熱性血小板減少症候群(STFS)に関しては情報がまだ少ないですが、出来ることとしてダニ予防はやっておくべきと考えます。ただ実状としてダニが多量にいる草むら等に入り込むとノミダニ薬を使用しているコでもダニはつきます。STFSの報告のある地域では特にダニのつきそうな草むらなどには自由に入り込ませないことが必要かと思います。なお、ノミダニのお薬にはマダニを止めるものと耳ダニを止めるものがあります。STFSを心配される場合はマダニに対するものを使用しておきましょう。

ちなみにノミダニの予防の時期はおおよそフィラリア予防の時期と大きく変わらないと考えていますが、可能性としてノミの卵は人が外から持ち込んだ場合に室温が10度以上あれば冬の間もワンちゃん、ネコちゃんに感染の可能性があります。

狂犬病予防注射について

2015.04.28

ワンちゃんを飼っておられる方は年一回の狂犬病予防接種が法律で義務づけられています。


混合ワクチンを近々に接種した場合は、1カ月あけて狂犬病ワクチンの接種をお勧めしています。

狂犬病は現在日本にない病気ですが、この予防接種の法的義務と接種後の登録による接種状況の把握、動物の輸出入の管理、また島国という日本の地理的条件などから現在の状況が幸運にも維持されています。幸運というのはイヌでもヒトでも、一度発症すると確実に亡くなる恐ろしい病気だからです。

ちなみに予防接種の有無にかかわらず、お飼いのワンちゃんが他の人を間違って噛んだ場合、飼い主はその事象を都道府県知事に届け出する義務があります。鳥取県西部の方は米子保健所(生活環境局生活安全課)にお問い合わせください。

当院では狂犬病予防接種の実施に加え、米子市、境港市、西伯郡南部町と伯耆町の狂犬病予防注射済票交付も代行して行っております。

また、上記の地域のワンちゃんの新規登録も代行いたします。

(以下、蛇足ですが)
我々獣医師は、あくまでその一部が小動物臨床に携わっていますが、他の獣医師の仲間が例えば食肉衛生管理などに携わる仕事をしているように、本来の業務はペットに限らず広く動物を介して人の生活に影響する保健公衆衛生環境の維持です。狂犬病予防注射の接種の意味は国内に存在する全ての犬に予防接種を行うことによって、いざ狂犬病ウイルスが入り込んでも拡散しない環境をつくりあげることです。混合ワクチンと狂犬病ワクチンを同じように注射しているようにみえますが、狂犬病ワクチンはどちらかといえば我々獣医師にとっては保険公衆衛生上の防疫の業務の意味合いが強く、ですので全頭接種が法令上は基本となります。非常に高齢で、何かしらの疾患を有していてほぼ外に出ない、というコの狂犬病接種の是非に関する事例はよく見かけますが、それは個々のワンちゃんの健康のことを考えたときに成り立つ小動物臨床としての議論であり、接種後の副反応への対応を含め、小動物臨床にたずさわる側の獣医師がそれぞれのケースに対応すべき内容であるとは思います。しかし、例えば日本国内のペットは狂犬病ウイルスをもった動物と接する可能性が現状低いから接種することに意味がないであるとか、ワクチンによる抗体価の維持は個々によってばらつきがあるので毎年の一律のワクチン接種はどうなの、といった議論は、殊さら小動物臨床の側面に特化したものであって、日本国民の健康にかかわる保険公衆衛生上の狂犬病予防注射の本来の意味を無視していますし、それ以上に現在の日本に狂犬病がない状態を達成し、維持をしてきた獣医師の先輩、同朋の過去から現在までの努力を顧ないものであると考えます。

ワンちゃんの狂犬病予防接種に関する飼い主の方々の御理解と御協力をお願いいたします。

混合ワクチンの注射について

2015.04.28

当院ではワンちゃんには6種と8種(または9種)、ネコちゃんには3種と5種のワクチンを用意しております。


ワンちゃんの狂犬病は現在日本にない病気ですので、狂犬病という病気に対して国を挙げて伝播、拡散の防止をする防疫の意味合いの方が強いです(「狂犬病予防注射について」の項を参照下さい)。
それに対して混合ワクチンは国内に存在していて感染の可能性があり、発症すると重篤化する病気に対し、おうちで飼われているワンちゃんやネコちゃん個々での感染防止や症状の緩和を目的としています。

ワンちゃんでは初年度にまず狂犬病予防接種を優先した場合、少なくとも2週間あけた後に混合ワクチンの接種を行っております。
ワンちゃんの混合ワクチンについて当院では現在初年度は2か月齢から4か月齢の間に1か月間隔で3回接種し、次年度以降は年に一回の接種をお勧めしています。散歩に出る、特にドックランなど他のワンちゃんと接する機会があるコは、少なくともレプトスピラに対するものが入っている(8種以上)のワクチン接種をお勧めしています。
コアワクチンの抗体価判定によるワクチン接種の是非の判定は現在行っておりません。ですのでコアワクチンのみの追加も行っておりません。また、おおよそ一年で抗体価が低下すると言われているレプトスピラのみのワクチンも用意をしておりません。

ネコちゃんの場合、初年度は2か月齢から4か月齢の間に1か月間隔で2回のワクチン接種を、次年度以降は1年に一回のワクチン接種をお勧めしています。
3種のワクチンのうちパルボ以外はネコカゼに対するものです。感染予防ではなく発症予防ですので、すでにネコカゼウイルスを有する子も積極的にワクチン接種する意味があります。
外に出て、他の外ネコと接触する機会があるコならば白血病ウイルスをもらう可能性がでてきます。白血病ウイルスを有するコは悪性リンパ腫を若年で発症する可能性が高くなりますので、5種のワクチンの接種をお勧めしています。

ページのトップへ戻る

〒683-0005 鳥取県米子市中島2丁目1-12
TEL 0859-21-8719 FAX 0859-21-8729
©Akai Animal Hospital All Rights Reserved.