あかいどうぶつ病院  

あかいどうぶつ病院  

あかいどうぶつ病院

ノミダニ予防

2015.05.15

当院ではイヌ用、ネコ用ともにノミダニ予防薬は首筋につけるスポットタイプのものと、錠剤タイプのものの2種類を常時ご用意しています。


イヌにおいてフィラリア予防はノミダニ予防薬とは別のお薬をお勧めしていますが、ご要望頂ければこれらが一緒になったものも準備いたします(取り寄せになります)。
猫に於いてもフィラリア症が問題になりえますが、特にお外に頻繁に出る猫さんはノミダニを止めるのと共にフィラリアを止めるものを使用されると良いでしょう。

重症熱性血小板減少症候群(STFS)に関しては情報がまだ少ないですが、出来ることとしてダニ予防はやっておくべきと考えます。ただ実状としてダニが多量にいる草むら等に入り込むとノミダニ薬を使用しているコでもダニはつきます。STFSの報告のある地域では特にダニのつきそうな草むらなどには自由に入り込ませないことが必要かと思います。なお、ノミダニのお薬にはマダニを止めるものと耳ダニを止めるものがあります。STFSを心配される場合はマダニに対するものを使用しておきましょう。

ちなみにノミダニの予防の時期はおおよそフィラリア予防の時期と大きく変わらないと考えていますが、可能性としてノミの卵は人が外から持ち込んだ場合に室温が10度以上あれば冬の間もワンちゃん、ネコちゃんに感染の可能性があります。

ページのトップへ戻る

〒683-0005 鳥取県米子市中島2丁目1-12
TEL 0859-21-8719 FAX 0859-21-8729
©Akai Animal Hospital All Rights Reserved.