あかいどうぶつ病院  

あかいどうぶつ病院  

あかいどうぶつ病院

混合ワクチンの注射について

2015.04.28

当院ではワンちゃんには6種と8種(または9種)、ネコちゃんには3種と5種のワクチンを用意しております。


ワンちゃんの狂犬病は現在日本にない病気ですので、狂犬病という病気に対して国を挙げて伝播、拡散の防止をする防疫の意味合いの方が強いです(「狂犬病予防注射について」の項を参照下さい)。
それに対して混合ワクチンは国内に存在していて感染の可能性があり、発症すると重篤化する病気に対し、おうちで飼われているワンちゃんやネコちゃん個々での感染防止や症状の緩和を目的としています。

ワンちゃんでは初年度にまず狂犬病予防接種を優先した場合、少なくとも2週間あけた後に混合ワクチンの接種を行っております。
ワンちゃんの混合ワクチンについて当院では現在初年度は2か月齢から4か月齢の間に1か月間隔で3回接種し、次年度以降は年に一回の接種をお勧めしています。散歩に出る、特にドックランなど他のワンちゃんと接する機会があるコは、少なくともレプトスピラに対するものが入っている(8種以上)のワクチン接種をお勧めしています。
コアワクチンの抗体価判定によるワクチン接種の是非の判定は現在行っておりません。ですのでコアワクチンのみの追加も行っておりません。また、おおよそ一年で抗体価が低下すると言われているレプトスピラのみのワクチンも用意をしておりません。

ネコちゃんの場合、初年度は2か月齢から4か月齢の間に1か月間隔で2回のワクチン接種を、次年度以降は1年に一回のワクチン接種をお勧めしています。
3種のワクチンのうちパルボ以外はネコカゼに対するものです。感染予防ではなく発症予防ですので、すでにネコカゼウイルスを有する子も積極的にワクチン接種する意味があります。
外に出て、他の外ネコと接触する機会があるコならば白血病ウイルスをもらう可能性がでてきます。白血病ウイルスを有するコは悪性リンパ腫を若年で発症する可能性が高くなりますので、5種のワクチンの接種をお勧めしています。

ページのトップへ戻る

〒683-0005 鳥取県米子市中島2丁目1-12
TEL 0859-21-8719 FAX 0859-21-8729
©Akai Animal Hospital All Rights Reserved.